0

ゴルゴ13が外務省の依頼を受けて海外渡航時の安全対策を指南

LINEで送る
Pocket

●ゴルゴ13が外務省の依頼を受けて海外渡航時の安全対策を指南

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。

ゴルゴ13ことデューク東郷が、外務大臣から直接依頼を受けて、海外渡航時の安全対策を指南することになりました!

スポンサーリンク

外務省がこの依頼をしたのは、以下の背景があります。

この数年、テロが中東や北アフリカのみならず、欧米やアジアに拡散し、今や在外邦人もテロの標的になっている。
このような状況下、外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。
ゴルゴは大臣の命を受け、世界各国の在外邦人に対して、「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。
(外務省 海外安全ホームページ より)

ゴルゴ13による安全指南は、海外進出する中堅・中小企業向けをターゲットにし、コミックとマニュアルを作成していくことになっています。

これに先立ち、岸田文雄外務大臣とゴルゴ13の作者のさいとう・たかを先生により、外務省で対外発表も行われました。

岸田文雄外務大臣とゴルゴ13の作者さいとう・たかを先生
岸田文雄外務大臣とゴルゴ13の作者さいとう・たかを先生

コミックは2017年3月22日から毎週(6月13日まで、全13話)、「外務省 海外安全ホームページ」で掲載され、コミック版は10万部用意し、6月以降配布される予定です。
コミック内では、デューク東郷が外務省の受付を通って、外務大臣から仕事の依頼を受けるというシーンがあったりして、リアル社会を感じることができます。

それにしても個人的には、外務大臣よりも、ゴルゴ13ファンを公言している麻生副総理がゴルゴ13に依頼するシーンの方が、画的には見たい気がしました。
実際のところ、麻生さんもコミックに登場したかったのではないでしょうかね(笑)

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket