0

ウルトラマン、ドラゴンボール、リカちゃん。宝くじがキャラクターと怒涛のコラボ

LINEで送る
Pocket

●ウルトラマン、ドラゴンボール、リカちゃん。キャラクターと怒涛のコラボレーションを展開する宝くじ

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です

以前、ちびまる子ちゃんとコラボしたスクラッチ(宝くじ)があると書きました

スポンサーリンク

そういうわけで、宝くじのキャラクターとのコラボ展開は今に始まった事ではないですが、今年もキャラクターとのコラボレーションをした宝くじをよく見かけました。

まずは、ウルトラマンとコラボしたスクラッチくじ

ウルトラマンスクラッチ ウルトラヒーローズ編 ラッキー3
ウルトラマンスクラッチ ウルトラヒーローズ編 ラッキー3
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ハッピーカウント ウルトラマンバトル編
ウルトラマンスクラッチ ハッピーカウント ウルトラマンバトル編
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ウルトラマン登場編 トリプルマッチ
ウルトラマンスクラッチ ウルトラマン登場編 トリプルマッチ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ジャック&エース編 タテ・ヨコ・ナナメ
ウルトラマンスクラッチ ジャック&エース編 タテ・ヨコ・ナナメ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ レオ&アストラ編 トライアングルチャンス
ウルトラマンスクラッチ レオ&アストラ編 トライアングルチャンス
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

3種類のウルトラマンスクラッチ告知
3種類のウルトラマンスクラッチ告知
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ 怪獣大集合編2 タテ・ヨコ・ナナメ
ウルトラマンスクラッチ 怪獣大集合編2 タテ・ヨコ・ナナメ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ウルトラマンバトル編2 ハッピーカウント
ウルトラマンスクラッチ ウルトラマンバトル編2 ハッピーカウント
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ レオ・アストラバトル編 トライアングルチャンス
ウルトラマンスクラッチ レオ・アストラバトル編 トライアングルチャンス
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ 平成3大ウルトラヒーロー編 トリプルマッチ
ウルトラマンスクラッチ 平成3大ウルトラヒーロー編 トリプルマッチ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ジャック・エースバトル編 タテ・ヨコ・ナナメ
ウルトラマンスクラッチ ジャック・エースバトル編 タテ・ヨコ・ナナメ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ タロウバトル編 トリプルアタック
ウルトラマンスクラッチ タロウバトル編 トリプルアタック
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ ウルトラヒーロー勝利編 ラッキー3
ウルトラマンスクラッチ ウルトラヒーロー勝利編 ラッキー3
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ウルトラマンスクラッチ宝くじ

制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

それから、ドラゴンボールとコラボしたスクラッチくじ

ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空 ハッピーカウント
ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空 ハッピーカウント
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ドラゴンボールスクラッチ ピッコロ ラッキー3
ドラゴンボールスクラッチ ピッコロ ラッキー3
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空&孫悟飯 タテ・ヨコ・ナナメ
ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空&孫悟飯 タテ・ヨコ・ナナメ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ドラゴンボールスクラッチ ベジータ ハッピーカウント
ドラゴンボールスクラッチ ベジータ ハッピーカウント
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ドラゴンボールスクラッチ 孫悟飯 トライアングルチャンス
ドラゴンボールスクラッチ 孫悟飯 トライアングルチャンス
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

ドラゴンボールスクラッチ宝くじ

制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

そして現在展開中の、リカちゃんとコラボしたBINGO5宝くじ

リカちゃんBINGO5宝くじ
リカちゃんBINGO5宝くじ
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

リカちゃんBINGO5宝くじ

制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

宝くじの売上は徐々に減少していて、昨年度は18年ぶりに9,000億円を割ったという総務省の発表もありました。

宝くじの販売額(単位は億円)
宝くじの販売額

販売額を上げるための一つの手段として、キャラクターを活用している。と言う思惑はあると思います。
もしそういう意図があるのであれば、今後も様々なキャラクターでの展開が期待できますね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket