0

うがい薬は、カバと犬の対決に

LINEで送る
Pocket

●うがい薬は、カバと犬の対決に

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。

以前、ムンディファーマと明治の、うがい薬「イソジン」を巡っての関わりについて書きました。

スポンサーリンク

簡単に言うと、ムンディファーマが開発したイソジンを、明治が提携して日本国内で販売してきましたが、両社の提携が2016年3月末で解消されました。

その終了により、イソジンという名前はムンディファーマに戻りましたが、イソジンを販売してきた際に誕生したキャラクターのカバくんは、明治が引き続き使用していくというものです。

そんなわけで、2016年4月からは両社がそれぞれ「イソジンうがい薬」「明治うがい薬」といううがい薬を販売し始めましたが、ムンディファーマのイソジンのパッケージに描かれていた”カバくんによく似た”キャラクターを巡って、両社で訴訟となり、結局ムンディファーマ側がデザインを変更することで和解に至りました。

その新デザインが「犬」なのです。

イソジンファミリー

名前を「イソジンファミリー」と言います。

果たして、カバと犬の対決は、どちらに軍配があがるのか?とても興味があります。

ところでこの件の根幹には、ブランド名とキャラクターはどちらが強いのか?というテーマがありますが、これは今回の両社の動きで、ブランド名よりキャラクターの方が強いということが言えると思います。

つまり、ムンディファーマは、カバのイメージが強いと考えたから、自社のパッケージにカバもどきを採用した。
逆に明治側から言えば、イソジンという名前のイメージが強いと思ったら、うがい薬の名前をイソジンもどきにすることを考えたハズですが、それは行わなかった。
つまり、商品名(ブランド名)より、イメージキャラクターの方が強いと思った。
という考察です。

ま、いずれにせよ、市場でのシェアや売上の比較といった目に見えた結果が出てくるのはこれからのこと。
今後もまだまだ両社のしのぎは続いていきます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket